毎日Queen!10代から20代に聴いた音楽は忘れないものですね

すでに4回、Queenの映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観ている面川です。

映画については、最初に観たときにレビューというか、個人的な記憶に基づく記事を書いております。

⇒ 20代に出会い、家族となったクィーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」

年内に5回目に行こうと計画しておりますが、そのまえに、Queenのアルバムをおさらいしておこうと思って、YouTubeのQueenオフィシャルサイトで、アルバムごとに聞き直しています。

Queen Official 

アルバムを一周してわかったことは、古いアルバムほど、詳細に覚えているという事実です。




デビューアルバム「Queen」

映画のなかで、フレディ・マーキュリーが最初のライブで歌う「Keep Yourself Alive」が入っているのがデビューアルバムの「Queen」。

デビューからセカンド・アルバムの「QueenⅡ」、3枚目の「シアー・ハート・アタック(Sheer Heart Attack)」までは、ハードロックな感じとグラムロックな感じがします。

そして、デビューアルバムとセカンドの間で、メッセージが行ったり来たりするような構成で、「Queenとしてはマイナーだけど歌える」曲がたくさんあります。

中学生の頃に聞いていたから、脳みそが若いんですね。

ほとんどライブでは演奏されない曲も覚えていて、歌詞もそこそこ覚えているんですから。

自分でもちょっとオドロキです。

「The March of The Black Queen」は好きだったな~。




最も売れたアルバム「オペラ座の夜」

「ボヘミアン・ラプソディ」が含まれた、Queenといったら「これ!」というのが「オペラ座の夜(A Night At The Opera)」です。

中学生で、部活もしない帰宅部で、趣味といえば読書とマンガだった私にとって、音楽といえばQueen。

このあとの「華麗なるレース(A Day at the Races)」までは、とっかえひっかえ、ほぼ毎日のように聞いていたと思います。

このころは、ラジオが洋楽の情報源だったので、よくラジオも聞いていました。




「ジャズ (Jazz)」は最後の「More of That Jazz」がいい

そして高校に入り、パンクロックやら様々な音楽に興味を持つようになっても、やっぱり私にとって最高のバンドはQueenでした。

しかし、毎回予約してアルバムを購入していたものの、「世界に捧ぐ(News of the World)」あたりから、徐々に聞く回数が減っています。

逆に、ライブで演奏する曲が増えてきたのは、このあたりから?

「We Will Rock You」「We are the Champions」が入っていますしね。

高校時代に聴いたQueenのアルバムのなかで、一番好きなのは「ジャズ (Jazz)」。

曲もおしゃれで、歌詞もステキです。

そして、アルバム最後の「More of That Jazz」は、ロジャー・テイラーが歌う曲ですが、アルバムに含まれている曲のフレーズが、ちょっとずつ紹介されるのです。

「あ~、あったな、こういう演出」

聴いた途端に、思い出しました。

当時はなんとも思いませんでしたが、今聞くと、構成からなにから、サービス精神旺盛です。

そして、なにより衝撃的なのは、アルバムトップの「ムスターファ(Mustapha)」です。

イスラミックな音楽で、イスラム原理主義によるテロが横行する現代では、ちょっと考えられないかも。




最も売れなかったアルバム「ホット・スペース(Hot Space)」

「ジャズ (Jazz)」のあとに出たアルバム「ザ・ゲーム(The Game)」 あたりまでは、本当によく覚えています。

そして、映画「ボヘミアン・ラプソディ」のなかでプレスに問い詰められるフレディ・マーキュリーのシーンが、この「ホット・スペース(Hot Space)」をリリースした頃。

たぶん、買ってはいるんです、「ホット・スペース(Hot Space)」。

アルバムジャケットに記憶があるので。

でも、聞いたのは5回以下でしょう、もっと少ないかも。

YouTubeで再生してみて、ほとんど覚えていないことに、逆にオドロキました。

Queenらしいオーケストレーションではなく、ブラック系なので、Queenファンにはハードルが高かったのかもしれませんが、私個人としては、音楽聞いて本を読む生活から、大学に入ったことで忙しくなったことが、Queenから遠ざかった原因だと思います。




MTVでQueenを見る時代に突入した「ザ・ワークス(The Works)」

「Radio Ga Ga」や「I Want to Break Free」が収録された「ザ・ワークス(The Works)」は、MTVで、Queenを見る時代に本格的に突入したアルバムです。

これ以降、グレイティスト・ヒッツまで、アルバムは買っていません。

ですが、歌は覚えているものが多いのです。

それは、ミュージック・ビデオのおかげと、Queenといえばという曲が多いからではないでしょうか。




実質的なラストアルバム「イニュエンドウ(Innuendo)」

心に残る歌詞が多い、ラストアルバム「イニュエンドウ(Innuendo)」。

なかでも「The Show Must Go On」は、映画の最後を飾る曲なので、覚えている方も多いと思います。

歌詞のなかに、

Inside my heart is breaking(心破れ)
My make-up may be flaking(メイクは流れ)
But my smile still stays on(だけど微笑みは張り付いている)

というのがあって、この歌詞が流れると、いつも涙があふれます。




<関連の投稿>
20代に出会い、家族となったクィーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」