遠近両用のコンタクトレンズにしてみた!

こんにちは、面川です。

寄る年波のせいか、目に負担がかかっています。

もともと近眼なので、コンタクトレンズ歴40年(メガネ併用)。

しかし、2年ほどまえからは、メガネを使うほうが多くなっていました。

原因は、老眼。

近眼といえども、近くが見えなくなる老眼になります。

手元を見たり、細かい文字を読むときは、メガネを外せば読めるので、コンタクトよりもメガネのほうが便利なのです。

とはいえ、お仕事のときはコンタクトをつけることが多いので、コンタクトレンズ問題が浮上していました。

コンタクトレンズ問題とは、メガネと同じ度数にすると、クラクラするという問題です。


ハードのコンタクトレンズしかなかった頃からつかっているので、コンタクトレンズはハードでしたが、私と同じくコンタクトレンズ問題を抱えた同い年の友人に尋ねたところ、ハードよりもソフトのほうがクラクラ感は少ない、と教えてもらったのです。

そこで、久しぶりにコンタクトレンズのために眼科へ行き、ソフトにするなら遠近両用コンタクトレンズもいいかも、といっきに遠近両用レンズに変更してしまいました。

遠近両用コンタクトレンズは、おもいっきり手元が見えます。

スマホはまったく問題なし。

しかし、ちょっと離れるとぼやけるくらいの度数にしないと、やはりクラクラは生じるようです。

今回購入したのは、プロクリア ワンデー マルチフォーカル 30枚入です。

プロクリア ワンデー マルチフォーカル 【BC】8.7【PWR】-1.75【加入度数】+1.50 30枚入
by カエレバ
初めてのソフトコンタクトレンズなので、着け方、外し方を教えていただいて、終了です。

いま、このブログは、この遠近両用レンズを装着した状態で書いています。

コンタクトレンズをつけた状態で、パソコンの画面をストレスなく見ることができるのは、数年ぶりです。

なんと快適なんでしょう!

わたしがまだ大学生だったころ、「老眼になってもコンタクトレンズつけてる」「そのころは老眼用のコンタクトレンズがでてるよ」と言っていましたが、本当に遠近両用が登場して、本当に便利になりました。


<関連の投稿>
加齢とともにすすむ顔のゆがみや老眼対策にどんなことをしていますか?