加齢とともにすすむ顔のゆがみや老眼対策にどんなことをしていますか?

最近は健康ネタが多くなっているブログです。

このブログをときどきお読みいただいている方は、すでにご存じかと思いますが、私は、右半身に様々なトラブルを抱えています。

右の股関節の痛み、右足のつま先の痛み、右足ふくらはぎの冷え、などなど、40代に入る頃から徐々に顕在化してきました。

同じように、顔のゆがみも、40代に入る頃から気になるようになってきました。

メガネやサングラスをする人なら、顔のゆがみに気づきやすいと思いますが、斜めになります。

右半身にトラブルを抱えている私の場合、顔の右側が下がってくるのです。

それも年々ひどくなるばかりだったのですが、2015年の2月にKatsuyoさんと出会ったことによって、顔のゆがみには歯止めがかかっているのです。





KTY Methodとの出会い

KTY Methodとは、顔筋コーディネートを推進しているKatsuyoさんが開発した、顔のコリを解消してゆがみやシワを解消するというものです。

そもそも私がKatsuyoさんに施術をお願いするきっかけになったのは、寒さからくる肩こりと頭痛、そして目のかすみでした。

2015年の冬、後頭部に頭痛が頻発し、おまけに眼がかすんでよく見えなくなってしまっていたのです。

背中から肩のこりは、職業病と思って諦めていたのですが、いよいよヒドくなっていました。

そんなとき、facebookでメッセージを読んでいると、まるで顔の整形手術を受けているみたい、という言葉とともにKatsuyoさんのことが書いてあったのです。

「これだ、きっと!」

さっそく調べて、予約を入れ、Katsuyoさんから施術を受けることに。

驚きました!

あんなにひどかった頭痛が、一度の施術で消えてしまったのです。

KTY Methodによる顔筋コーディネートは、筋肉、神経、リンパ、血管等の解剖上の流れに沿って、磁気を帯びた棒(ルヴェ、黒水牛の角の材質を厳選)を用いて血流を上げるというもの。

顔のコリをとっていくと、全身の血流が良くなるのです。


顔のゆがみだけでなく目のかすみや老眼にも効果が!

そして、驚いたことに、顔筋を整える施術を受けると、眼の周囲の筋肉だけでなくツボも刺激されるためか、涙がよく出るようになり、目の状態も健康になるようなのです。

2014年頃から、スマホの画面では文字が小さくて読みづらく、老眼が進行していました(コンタクト使用時)。

ところが現在、スマホの文字が小さくて、読みづらいということがありません(コンタクト使用時)。

目のかすみや、目の病気(緑内障とか)を持っている人の多くが、目の周りのツボを刺激すると、とんでもない痛みを感じるようです。

目の周囲には、さまざまなツボがあるのですが、これらのツボを刺激し、目の周囲のコリをとることで、まぶたが上がり、目がぱっちりと開くようになります。

わたしの場合、目のかすみは涙不足からだっと思われますが、涙がよく出るようになり、目薬の回数がかなり減りました。

老眼についても、目の周囲のコリを取ることで、良くなっているように感じます。


頭皮が硬いと脳梗塞の危険性があるってご存じですか?

これは、ある鍼灸師さんに言われたのですが、頭皮が硬いと脳梗塞などの疾患にかかりやすいのだそうです。

KTY Methodでは、顔のコリを解消しますから、当然のことながら頭皮までマッサージすることになります。

額のシワ、眉間のシワ、下がった口角などを解消したいなら、髪の生え際から頭皮まで、念入りにコリを取っていくのが良いみたいです。

額のシワ、眉間のシワは、普段の表情から作られると考えられていますが、顔の筋肉が固定するからシワになるのです。

でも、顔の延長である頭皮も柔らかくなって、血流がアップすれば、筋肉が固定されにくくなると思いませんか。

なぜKTY Methodは顔だけじゃなく全身のアンチエンジングに効果的なのでしょうか?

顔のゆがみの最大の原因は、噛み締めです。

踏ん張るときに奥歯で噛みしめる、あの噛み締めです。

また、食べるときに左右のアゴを均等に使っていればよいのですが、左右のどちらかに偏る片噛みも顔のゆがみの原因です。

口腔外科医の亀井英志先生の著書「ストレスは見える!すべては「噛みしめ」が原因だった 第2版」によると、ストレスで、無意識に奥歯をかみしめていると、アゴの骨が必要以上に成長したり、口の中に骨が育ってきたりするのだそうです。

これはすべて筋肉の緊張によるもので、ストレスで顔の形が変わってくることを、亀井英志先生は臨床的に証明しておられます。

また、血流の低下によって、このような症状が助長されることもわかってきているのです。

つまり、顔筋のコリをほぐし、血流を良くすることができるKTY Methodは、ストレス過多でアゴが発達してしまっている人にも有効だと言うことではないでしょうか。

ストレスは見える!すべては「噛みしめ」が原因だった 第2版

亀井 英志 日興企画 2011-03-25
売り上げランキング : 779729
by ヨメレバ


血流が良くなると細胞の活性化、若返り効果大

また、血流がよくなると、細胞に十分に栄養が送られるので、細胞が活性化し、再生能力が高まることもわかっています。

しかも、自律神経のバランスも回復させる効果があるそうです。

自律神経はストレスとも大きく関係しているので、血流を良くすることで、自律神経のバランスも整ってくることが期待できるんですね。

わたしの老眼が良くなったのも、血流アップのおかげなのかもしれません。

自分でもできるKTY Methodの4原則

KTY Methodは、Katsuyoさんが、複数の著作のなかでおしげもなく披露していますので、ぜひKatsuyoさんの本を手にとって、まずは自分でやってみてください。

テキストは「逆引き アンチエイジング事典」です。

逆引き アンチエイジング事典

Katsuyo 主婦の友社 2016-09-02
売り上げランキング : 172717
by ヨメレバ

この本は、Katsuyoさんのスクールでは教科書として使われています。

顔のゆがみを直し、全身の血流を良くするためには、4つの原則があります。

力を入れない

ついつい、力を入れたくなるのですが、力をいれると逆効果です。

それでなくても、最初は痛いので、痛さがストレスになります。

力を入れずに、顔のコリを取っていきましょう。

肌に負担をかけずスムーズに

コリを取るためには手指を使ったり、専用のルヴェ(磁気を帯びた棒)を使ったりしますが、なめらかにスムーズに流れないと、肌に負担がかかります。

肌の負担を軽減するために使うのは、マッサージジェルなど。

KTY Methodでは、「Suu」のマッサージジェルを推奨しています。

スキンケアSuu

「Suu」については、「スキンケア「Suu」で毛穴がきれいに!大人ニキビも解消」をお読みください。

顔のコリをほぐす

韓国エステでカッサを経験している方は、カッサみたいなものかな?と思ってしまうかもしれませんが、ぜんぜん違います。

顔のコリをほぐすとは、顔の筋膜リリースをするようなものではないかと、私は思っています。

凝り固まった筋膜をゆるめることで、身体が動きやすくなるのが、筋膜リリースですが、KTY Methodは、顔の筋膜リリースなのです。

リンパの流れを良くする

顔のコリをほぐしたら、最後は耳から首筋にむかって排出です。

普段、顔のマッサージをしない方はご存じないと思いますが、耳の後ろから首筋にむかって指でなぞってみてください。

痛いと思います。

それがリンパが滞留している証拠です。

上アゴと下アゴのつなぎ目、耳のあたりにありますが、そこから耳の下に向かって、少し力をいれてなぞると痛い人は、顔がむくんでいるということです。


わたし流のKTY Method実践法

本当は、Katsuyoさんの施術を受けるのが早いのですが、Katsuyoさんも自分で毎日実践することを進めていますので、自分でやるようにしています。

ステップ1:顔全体にマッサージジェルを塗ります

Suuのマッサージジェルがオイルフリーなのでおすすめですが、オールインワンジェルでもOKです。

Suuのマッサージジェルの場合は、ちょっとずつルヴェにとって使うので、顔全体に塗らなくても大丈夫です。

ステップ2:まずは目元から

老眼対策もありますが、やはり目元が生き生きとしていると、とても印象が良くなります。

だから、最初は目元から。

下まぶたを目頭から目尻まで、コリコリとしたつぶつぶを消すように流します。

上まぶたは、眉毛の下、アイホールを目頭から目尻にむかって流します。

このとき、目のツボ(気持ちのいい場所)はプッシュします。

ステップ3:二重アゴにならないように

つぎはアゴのラインです。

アゴの骨に沿って、下から耳元まで流します。

左右とも、5回から10回くらいやります。

耳元まで流したら、今度は首筋に流します。

最初は痛いですが、詰まりがなくなると、痛みが和らぎます。

ステップ4:鼻から頬に向かって横に

はじめてのときに痛いのが、鼻から頬に向かって横に流す動きです。

小鼻の少し上くらいが、わたしはとても痛かったという記憶があります。

ここも、一度柔らかくなると、二度と痛い思いはしません。

ステップ5:顔の凸凹を平らにするつもりで

Katsuyoさんがいつもおっしゃるのは、顔の凸凹をなくすようにコリをほぐすこと。

自分の顔を鏡で見たときに、出っ張りやひっこみがありますよね。

あの出っ張りやひっこみは、顔の筋肉のコリがつくっているのだそうです。

ほうれい線や、口角の下にできるマリオネット線は、まさにこれ!

ほうれい線と書いてしまうので、顔が全体に下がってきたと思ってしまいますが、実は筋肉のコリによって線上に見えてしまうのです。

このような線になってしまった部位は、線に対して直角に、切るようにルヴェを使います。

ここまで、簡単にわたしの実践方法を紹介しましたが、自分でやってみたいと思っている方は、やる前にぜひ「逆引き アンチエイジング事典」をお読みになってください。

気になっている顔の欠点が、修正できるかもしれませんよ。

足のむくみ取りや頭皮マッサージにルヴェ

先程から何度も書いているルヴェは、Katsuyoさんが顔筋コーディネートのために開発した専用ツールです。
ルヴェ

このルヴェは、顔だけでなく、全身に使えます。

足の甲をルヴェでマッサージすると、足のむくみが取れます。

また、頭皮マッサージにもルヴェを使うと、効果が高いように感じます。

なぜなら、ルヴェからは磁気が出ているから。

なんか、凝ってるな~。

そう感じるときは、身体中をルヴェでマッサージしています。

KTY Methodをすぐにも実践したいという方へ

一番かんたんにお試しいただけるのが、Katsuyoさんの本を買っていただくことです。

最近は、男性向けの顔筋コーディネートの著作「男は顔が名刺 初対面での印象は0.2秒の「表情グセ」で決まる ― 仕事のパフォーマンスを上げるのは、正しい「表情」のコントロール力だった」もありますので、こちらはいかがでしょうか。

男は顔が名刺 初対面での印象は0.2秒の「表情グセ」で決まる ― 仕事のパフォーマンスを上げるのは、正しい「表情」のコントロール力だった

Katsuyo 主婦の友社 2018-03-02
売り上げランキング : 174637
by ヨメレバ

次におすすめするのは、KTYフェイスアナリストスクールのセルフケア受講に申し込むことです。

門外不出のKatsuyoさんの技術を習得できるというものです。

受講料には、テキストのほかに、Suuマッサージジェル(定価5,400円)×2本、Suuローション(定価6,480円)×1本、Suuエッセンス(定価9,504円)×1本がついているので、とってもお得です。

詳しくは下記のページをご覧になってください↓
KTYフェイスアナリストスクールのセルフケア受講

とりあえず、道具を揃えたい!という方は、スキンケアSuuやルヴェを購入しても良いですね。

そんな方は、下記のページから購入してください↓
スキンケア「Suu」で毛穴がきれいに!大人ニキビも解消

Suuがお得に購入できます。


わたしは、KTY Methodを実践して数ヶ月で、大学生のころからつきあいのある友人から「顔が変わったよね」と言われました。

どうも、印象が変わったようなのです。

それも良い方向に。

その友人には、KTY Methodについて話して、すぐにKatsuyoさんを紹介しました。

彼女にも、加齢による顔の悩みがあったみたいなのです。

なので、このブログが、顔のゆがみや老眼でお困りの方に届けばいいな、と思っています。