ローマ法王が退位して、枢機卿はTwitter使用が禁止を命じられる



ローマ法王ベネディクト16世が、先日退位を表明しました。

一説によると、マフィアとのつながりとか、マネーロンダリングなどによる、バチカンの信用失墜が原因とか。


ダン・ブラウンの小説はじめ、様々な海外作品では、バチカン銀行が裏金を持っているとか、マネーロンダリングしてる、といったことがよく書かれていましたが、事実に近いのでしょうか?
多分、そうなんですよね。


ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫)
by カエレバ


今回の退位は、600年ぶりに法王が存命によるもので、極めて異例。

神の代理人は、その命が尽きるときまで法王、というのが常識です。

ちなみに、コンクラーベ(次の法王を選び出す選挙のようなもの)が、来月実施される予定ですが、法王に次ぐ地位にある枢機卿のうち、9人がTwitterを使用しており、コンクラーベの期間は使用禁止を命じられたそうです。

法王が決まった時の、白い煙の時期を外部に漏らしてはならないからだとか。

たとえば以下のような皆様のようです。

https://twitter.com/CardRavasi

https://twitter.com/CardinalDolan

https://twitter.com/sistachcardenal

https://twitter.com/cardenalrobles

https://twitter.com/CardinalNapier

https://twitter.com/angeloscola

https://twitter.com/CardinalSean

https://twitter.com/DomOdiloScherer

President GIANFRANCO RAVASI

いま、バチカンのページをみたら、枢機卿メンバーが記載されていました。上の写真は、枢機卿の中のトップの方みたいです。

この方がフォローしている方を探したところ、上の皆様が出てきました。


枢機卿を確認したい方は、以下をご覧になってください。
http://www.cultura.va/content/cultura/en/organico/membri.html


キリスト教の総本山とSNSの関係が、今回の法王退位で見えてきました。


インフェルノ (上) (海外文学)
by カエレバ

ロスト・シンボル (上) (角川文庫)
by カエレバ