国際交流的食事会

9日に、有楽町のガード下にある「新日の基」という居酒屋で、香港中文大学から日本に留学してきている学生と、わが常磐大学の学生および卒業生らとで、食事会を開きました。総勢25名くらい(最後は何人だか不明に)の参加になり、大盛況でした。

きっかけは、香港中文大学で先生をしている元英語の家庭教師と二人で飲んでいて、お互い大学の先生やってるんだから、学生同士の交流会があってもいいよね、という話からです。開催まで3か月くらいかかりましたが、結果は大成功、またやろうね、と約束しました。

日本に留学してきているくらいなので、日本のことはよく知っていますし、ドラマやアニメなどはもちろんのこと、意外な情報も持っています。
こういう時、話題のドラマを見ていたりすると話が早いのですが、一番簡単なネタが実はジャニーズだったりします。
今のところはずれ知らずですね。毎週「少年倶楽部」をビデオに録ってみているかいがあった!と感じる瞬間です。

とにかくみんなジャニーズは好きで、来年早々には山下(NEWS)くんが香港で単独コンサートをするらしいのですが、こういう情報もジャニーズネタで話ができるからこそ、伝わってくる話です。

水戸の学生にとっては、とても刺激的な一夜になったのではないかと思います。

最近では海外留学する学生が減少の一途をたどっていると聞きます。海外に出たがらない商社マンもいるくらい、内向きなのだそうです。
シュリンクする日本にしがみついていったいこれから何をしようと思っているのか、ホント不思議です。目を転じれば、これから成長しようとしている巨大マーケットがあるといいうのに、です。

香港は東京以上に国際的な都市。そういう都市で生まれ育った若者が、日本で働きたい、と言っていたのも、面白いな、と感じた夜でした。