流星の絆


流星の絆」を読了。
秋に始まったドラマに結構はまっているんですが、その中のひとつがこの作品が原作です。ドラマのタイトルも同じ。
テレビのほうは宮藤 官九郎脚本ということでも話題になっていますが、原作をとても上手に生かしていますね。もしかするとドラマのほうが面白いかもしれません。
小説もとてもおもしろく、推理を広げるための情報が、丁寧に盛り込まれています。よく読んでいれば、必ず犯人にたどり着くんですが、小説の主人公を出し抜くほどには早くはないかもしれません。
ちょっとだけ気になるのは、功一(長男)の設定でしょうか。
東野作品には、PCに強い、結構体格のいい男性が登場しますが、ドラマは二宮君なのでちょっとイメージ狂っちゃうかもしれませんね。