日本ミツバチのハチミツ

父親の従兄弟で、福島県で農業をしているおじさんがいます。

数年前から、日本ミツバチのハチミツを販売しています。

分蜂の時期に巣箱に入れ、そのまま翌年の秋口まで蜂に働いてもらった蜜を、ローヤルゼリーやプロポリスを分離せずに絞って瓶詰めしています。

冬場はゼリー状になり、室温が20度を超えてくるとドンドンサラサラになります。

味は、すっきりとした酸味もある深い甘さ。料理に使うこともありますが、もっぱら、デザートのヨーグルトと一緒にたべています。さわやかな酸味が良く合います。

私はハチミツ好きで、良く食べる方です。料理の甘みもすべてハチミツです。
日本ミツバチのハチミツに出会うまでは、ニュージーランドのマヌカハニーを気に入って食べていました。日本ミツバチのハチミツが、これに似てる気がします。

日本ミツバチは絶滅危惧種となりつつあるとか。ハチミツを楽しみつつ、増えることを祈ります。