Edita Daniute のファッションセンス

Edita Daniute と書いてもボールルームダンス(社交ダンス)をやっていない方には馴染みがないですね。

Edita Daniute は、Mirko Gozzoliの現在のパートナーです。彼女の身体能力の高さは、すでに書きましたが、いろいろとムービーを見ていて思うのは、彼女のファッションセンスの良さ、です。

たとえば、WDC European Professional Ballroom Championships 2011 では、他のパートナーが重たげで長いドレスを着ているのに対し、短めで薄地の生地を重ねたドレスを着用しています。



彼女は最近この手のドレスが好きらしく、UK OPENでも黒の素敵なドレスを着ています。こっちは多少の重みを残してますが・・・。



はっきり言って、ダンスのドレスはダサいです。
女性のファッションセンスがストレートに出ます。
なので、自分自身のスタイルが確立していないと、横並びのダサいドレスになってしまいがちだと思うのです。

そういう中で、エディータのファッションセンスは抜きんでてかっこ良いです。
彼女は素材の良さ、仕立ての良さを重視しているようです。ただしシンプルな美しさが好き、という感じでしょうか。

他のパートナーがデパートでセミオーダーのスーツなのに、エディータは英国屋でオーダーしたスーツを着ている感じなんです。この違い、分かりますか?

かくいう私も、エディータのファッションセンスが良いことに気付いたのは、Mirko Gozzoliの前のパートナーであるAllesiaがぱっとしないパートナーだったからでした。
比較によって、違いを知る、典型的な例でした。