Piku割

本日付の日経産業新聞「流行ウォッチング」には、Piku割を取り上げました。
Twitterなどですでにご存知の方も多いと思いますが、割引商品を共同購入という形で実現させるサービスです。
どういうものなのか、知りたい方はPiku割にまずは登録してください。毎日いろいろな案内が届きます。

ピクメディア社にうかがって取材させていただきましたが、なんと西荻窪!。
大学卒業して以来、ほとんど足を踏み入れなかったエリアです。その西荻の古いマンションにピクメディアはありました。働いている方の半分以上が日本人ではありません。社長の森デイブさんも日系3世だそうです。

話していて面白いと思ったのは、お父様が1970年代の日本でセールスのビジネスで成功したこと。これに影響を受けて、自分も日本でビジネスをしたいと小さい頃から考えていた、ということです。
森氏は高校生の頃から父と一緒に起業を始め、日本に来てから起業した多言語でWebサイトを作成するビジネスで成功しました。

日本が大好き、と語ってくれた森氏の好きなものは、寿司、しゃぶしゃぶ、焼肉だそうです。
ちなみにPiku割のPikuは、”ピク”っと反応することを意味しているとのこと。なるほど、と思う反面、日本語的にはちょっと違うかも、と思いながらの取材でした。

とってもチャーミングな笑顔にだまされそうですが、なかなかのやり手であることは間違いありません。