見学に来た高校生

常磐大学では、進学を控えた高校生を対象に学内と授業の見学を毎年行っています。大抵は5月下旬頃で、講師にはあらかじめ授業時間の見学を許可するかどうかのお伺いがあります。断る理由もないので、毎年高校生が来ると、授業の内容とその目的を簡単に説明します。実習形式の授業では、学生に説明してもらうこともあります。

今年は短大のほうも担当しているためか、大量の高校生が見学にやってきました。多分40名以上の高校生を見たと思います。短大ではマーケティング論、4大ではサービス産業論だったので、どちらもグループワークの最中で、講義の様子を見てもらうことはできませんでしたが、その分高校生の皆さんにいつも以上に授業の説明ができたと思います。

数年後に、そのときの高校生と出会えることを楽しみにしています。