【運気アップ!吉方位旅行】吉方取りで犬吠埼へ





九星気学の勉強会で、11月6日以降、12月5日までに「東」、できればハワイに行った方が良い、とアドバイスを受けておりました。

ハワイか~↓

ハワイは日焼けするイメージなので、若いころから絶対に行かなかった場所でした。
興味もまったくわかず、旅行する場所、という認識がないんですよね。

それなのにハワイ。

好きな場所なら1人でどんどん行くのですが、ハワイはな~↓、と思っているうちにどんどん時間が経ち、11月はけっこう忙しい状態に。

最低でも二泊四日はかかるハワイはほぼ無理になってしまいました。

そんな折、九星気学をやっているお友達と久方ぶりにお目にかかり、彼女の「東」に行ったときの話を聞き、そして肩を押してくれたのも彼女でした。

彼女と食事をして帰ってすぐに、東京から見て東の犬吠埼の宿を予約してました。

銚子電鉄 犬吠駅


吉方取りとは?


わたしもよく理解しているわけではないので、あちこち調べてみた結果を紹介しておきますね。

ラッキーカラーダイアリー 2017」では、方位にはエネルギーがあり、東は才能運・企画力・商売運がアップするとあります。

また、吉方位旅行などをする場合は、このラッキーな方位を利用することがおすすめで、月と年のラッキー方位が重なっていれば、さらにパワーアップするのだそうです。

11月は、年盤と月盤が同じ、二黒土星中宮月でした。
だから、11月だったんですね。納得です。


ラッキーカラーダイアリー 2017 ([バラエティ])
by カエレバ


ちなみに、いろいろと検索してみると、こんな解説がありました。
東の方位を取ると、
忙しくなると、よく言われますが、
自分の活動力が上がるため忙しくなるのです。
吉方位なら、充実した忙しさで結果が伴い、
凶方位なら、ただ忙しいだけで徒労に終わります。
そして東の吉方位効果は、
なんと言っても、
「新しいことが始まる」です。
出会いを求めている人は、
東をお勧めです。
それに新しい自分、新しい運命が生まれます。
新しい自分に出会ったり、
全く考えもつかなかった
自分の新しい局面や才能を
見出すようになります。
それまで全く興味の無かったことに、
急に興味が湧いて、
意外な能力を発揮したり、
今までどうしても出来なかったことが、
苦を感じずに出来るようになったりします。
要は、本来の命運には無かった筈の
新しい運命が開いていくのです。
http://ameblo.jp/kaiun-life/entry-10704805627.html


若返る
気持ちが明るくなり、若やいだ気分になる。身体に内在されていた凶が除去され、明るく健康的になり、心身ともに若返る。
肝機能が良くなる
肝臓が順調に働くと他の内臓器官も丈夫になり、健康になる。
発展性を招く
新しい事を思い付くようになる。今迄に人が気付かなかった様な、斬新なアイデアがひらめく。
将来の事を考えるようになる
若いうちから東をとると、発展力や目的に向かう気力が倍加され、人生好調な滑り出しをする事が出来る。


と、ビジネスには良いことがあるというのです。

そして、二黒土星(わたし)にとって九紫火星は吉の関係であり、今月は九紫火星が東なので、東の九紫を吉方でとったことになります。

  • 失敗を繰り返さなくなる。
  • 発展性・積極性に恵まれ、頭脳活動によって成功する。
  • 自分の才能を充分に発揮する事が出来、世の中に認められる。
  • 見通しを持って積極的に行動できるようになる。
  • 勘が良くなり瞬時に物事を判断でき、危険を避けることができる。
  • 自他ともに見直すことにより、閉塞感がなくなり明るくなる。
  • 新しく進むべき人生の方向性が見つかる。
  • 何か新しい仕事を考え付いたり、自分が考案した新しい企画が採用され、多いに認められる。
  • 付き合うべきでない人や先々に害を与える人との悪縁が自然と切れる。
  • 自ら勉強するようになり、学業成績が向上する。
  • 目や喉の疾患が改善される。
  • 血圧や心拍の疾患が改善される。
  • 引きこもりや鬱病など精神的疾患が改善される。

という効果があると書いてありました。

すごいぞ。


知ってるようで知らなかった銚子・犬吠埼


千葉県方面は、なかなかご縁のない方角。
銚子・犬吠埼といえば、醤油、銚子電鉄くらいしか知識がなく、20年くらい前に一度だけ犬吠埼灯台周辺に行ったきり。

ほぼ未知の土地です。

この冬いちばんの寒さのなか、浜松町から高速バスに乗ってひとりでも泊まれるペンションに宿泊。

ペンション ヴィラコモンズ
楽天トラベルで予約できます。
吉方取りのお客さまも多いのだとか。

犬吠埼周辺では二人以上でしか予約が取れず、すこし外れた黒生(くろはえ)という場所にしました。

黒生海岸は、岩礁の多い難所。

幕末には、榎本武揚が率いて函館に向っていた幕府の艦隊8隻が暴風にあい、美加保丸が黒生沖で座礁・沈没して乗組員13名がなくなったという地でした。

黒生海岸
美加保丸遭難の碑

でも、ここが良かったんですね~。

ペンションのご主人が銚子ボランティアガイド観光協会の会長さんで、銚子のこと、犬吠埼のこと、なんでも詳しいので、食事をしながらいろいろと教えていただきました。

おまけに、美加保丸遭難の碑のなかに、こちらのご主人のご先祖様のお名前があり、写真を見せたところ、「これです」と教えてくださいました。

ご主人によると、ご先祖様はこのあたりの地主さんだったらしく、神社を創建するときも土地を貸していて、つい最近まで神社に貸している土地の税金をご負担になっていたそう。

その神社が、このペンションのすぐ裏手にある太神宮です。

猿田彦神などを祀った太神宮

簡素で小さいお社ですが、周囲に溶け込んでいて、地元で愛されているお社という雰囲気です。

そういえば、海岸が近く、ちょっとしたことで命を落とすことが多いからでしょうか、小さなお社があちこちに点在していました。

海鹿(あしか)島海岸近くの神社


歌人・文人の碑も多い


銚子市内には文人の文学碑や、歌人の歌碑も多くありました。

散歩していて偶然であったのが、国木田独歩の詩碑です。

昭和27年に設置されたものですが、とにかく大きい。

碑をつくって運んできたわけではなく、ここにあった岩を碑にしたというもので、全国的にも珍しいものではないでしょうか。





ほかに、竹久夢二の詩碑、小川芋銭の句碑などが近くにありましたが、夕方で薄暗くなってきてしまったので、今回は見送りました。

またまたペンションのご主人にうかがったところ、かつては犬吠埼に文人や歌人が避暑に訪れたのだそうです。


銚子ジオパーク


ペンションのご主人はまた、銚子ジオパークにも関係していて、翌日は義経伝説の犬岩にお連れいただきました。

犬の後ろ姿にみえませんか?

義経が奥州に逃れる途中、海岸に残された愛犬が主人を慕って七日七晩なきつづけて岩になったというもの。

この犬岩は1億5000年前のものだとか。

犬岩

犬岩近くの洞穴

このあとは、「地球の丸く見える丘展望館」にお連れいただき、海が330度見える場所に立ちました。



一周すると、本当に海がぐるりと見えます。
330度。
ちょっとだけ陸続きなんですね。

屛風ヶ浦の砂が九十九里浜を形作っているのだそうですが、この屛風ヶ浦がなくなると、犬吠埼あたりは島になってしまうのだとか。

そのため、今では護岸工事がされていて、屛風ヶ浦の砂が流れださないようになっていると聞きました。

細長く続くのが屛風ヶ浦


〆は温泉


吉方取りの〆は温泉です。
犬吠埼には、犬吠温泉があり、犬吠埼ホテルが源泉です。

犬吠埼温泉

君ヶ浜をのぞむロケーションで、夏は日焼けしそうな露天風呂でした。

褐色のお湯で身体が金色に見えて、黄金に輝く身体になれます。
金運アップしそうでした。

強い塩化泉でしたが、温度はちょうどよく、長く入っていられる温泉でした。源泉かけ流しです。




もちろん、日の出もみました。



なんか、良い感じでリフレッシュできて、とても良かった旅でした。

来月も犬吠埼に行きます!



<関連の投稿>