「進撃の巨人展」 上野の森美術館

実物大、ですが・・・
上野の森美術館で開催している「進撃の巨人展」に行ってきました。

実物大の巨人と、立体起動装置の浮遊感を体感できるというシアターがウリです。

寒風吹きすさぶ中、行列する、という過酷な環境のため、シアターはあきらめ、展示のみに集中しました。


展示は原画中心ですが、私が興味を持ったのは、作者の諌山 創 先生の原点ともいえる数々。

これらを見ていると、「進撃の巨人」を描き出すための練習というか、修行というか、そういう創作活動を、子供のころから重ねてきたのだな、と感じます。

19歳の頃には、すでに「人類駆逐計画」の一環として巨人が登場するマンガを描いておられるなど、本当にすごい発想です。









ちなみに、私は学生から「絵が下手なのでマンガは読まないほうがいい」と言われましたが、絵も迫力があって、見せてくださいます。

六本木ヒルズで昨年夏に開催された「ハリー・ポッター展」より、かなり楽しめました。
写真も撮影がかなり自由、という点も、SNSを意識した企画者に感謝です。


※12月22日に観に行く、という教え子のために、本ブログは掲載を22日まで待ちました。