パーソナル・モビリティー WHILL

8月1日付の日経産業新聞「流行を読む」コラムでは、電動車イスという製品群に入る「WHILL(ウィル)」を取り上げました。

車いすユーザーが、すぐそばのコンビニにも行けない、という心理的負担を軽くしたい、また段差などもものともしない車いすにしたい、ということから作られたのがWHILLです。

私も試乗させていただきましたが、とっても乗り心地が良く、そして快適です。
乗っていてワクワクする、新しい乗り物、という感じでした。

パーソナル・モビリティー、と、WHILLを制作しているウィル株式会社の皆さんは定義しておられて、健康な人でも、歩き疲れたときに乗れれば、とっても便利だし、足腰の弱った高齢者の方の外出をサポートする乗り物、という利用方法もある、とお考えです。

こんなにかっこよくて、便利な乗り物を作っている会社は、町田にあります。
メンバーは、日本を代表するメーカーをお辞めになった人々。
日本は、R&Dの拠点としている、ということで、部室みたいな感じです。


アメリカとのやり取りもスカイプを使っていて、とってもグローバルな印象です。

WHILLに関する詳細は、日経新聞の記事をお読みください。
開発に至る思いなどを盛り込んで書きました。