映画 「黒執事」

映画「黒執事」観てきました。

原作コミックも、アニメも、どちらも観ていない私ですが、話題にはなっていたのでタイトルだけは知っておりましたが、テレビコマーシャルで、水嶋ヒロが主役ということで、早速観に行ったのでした。

ストーリーはともかく、映像がきれいです。

アクションシーンでさえ、「動」ではなく「静」、むしろ「静謐」という言葉がぴったりなほどです。

私は、アクションシーンはそんなに好きではありませんが、この映画に限ってはかっこいいし、素晴らしいと思いました。

黒執事がメイドを救って現場を立ち去るシーンなどは、18世紀の絵画のような印象です。

そして、水嶋ヒロのセバスチャンは、やはりはまり役です。
眼がいいですね、映画なのに、本当にそこに、悪魔で執事がいるような気にさせられます。
こういう役者って、いそうでいないと思います。

悪魔はキリスト教のなかで誕生した概念なので、この映画がキリスト教国でも受け入れられる可能性が高いな、とも思いました。
イギリス人に、ゴシックサスペンスとして、リメイクしていただきたいです。
もちろんその時も、黒執事は、ぜひ水嶋ヒロでお願いしたいです。

ちなみにこの映画、ワーナーブラザーズジャパンが制作・配給というもの。
そもそもハリウッドでリメイクが予定されていたりして・・・。

この映画のラストシーンは、とても感動的で、それまで描かれてきたストーリーを象徴するシーンでした。泣きそうになります。
DVDは即買いです。


久しぶりに水嶋ヒロの眼に魅了されたので、これから映画「BECK」でも観ます。