香港中文大学 Stephen Nagy 先生との1週間

友人で、香港中文大学日本語研究科で教えている、Stephen Nagy (スティーブン・ナギ)先生が、香港政府から助成金を受けたプロジェクトのために、先週17日から来日し、各界の皆さんにインタビューしております。

私は、ビジネスパーソンの紹介とメディアとのオーガナイズをやっておりまして、18日から25日まで、スティーブンと一緒に出向き、様々な意見を聞いてまいりました。

18日のスピーチ
18日は、アメリカンクラブで、the American chamber of commerce of Japan のお招きで、「China-Japan: The Changing Economic Relationship」と題するレクチャーを行いました。

初めて、英語のレクチャーを聞きましたが、やっぱり日本人とは違って、パフォーマンスが上手でした。内容も今注目のネタなので、皆さん、聞き入っておりました。

私が面白いな、と感じたのは、質疑応答です。

参加者の中に、台湾出身の方がいて、日中と台湾はどういう付き合い方をするべきなのか、という質問をされていました。確かに微妙です。

そして、月曜日には、参院選後の安倍政権についてCNBCのライブ放送に出演しました。

マイクをつけて準備中
スティーブンは、CNBCでは日本と中国、アジア間の専門家として、よく出演しています。
このときの模様は、下記にてご覧になれます。ただし英語です。

http://video.cnbc.com/gallery/?video=3000183787&play=1


このインタビューのアレンジで、大学卒業して以来、全く会っていなかった古い友人と再会したり、といったハプニングもあり、とても楽しく、興味深いものでした。

また、インタビュー後に居酒屋で飲んだりして、ある意味、自分自身の旧交を温めることに、スティーブンが手伝ってくれたようです。