吸入タイプのインフルエンザ薬で2日後には現場復帰


先週木曜日にインフルエンザを発症し、香港A型にみごと罹患しておりました。

38度オーバーの体温を確認してから、近所のクリニックに行きましたが、鼻水がひどいくらいで関節などの痛みはなし。

インフルじゃないだろうな、と思いつつ診察を受けてはみたものの、前週の京成百貨店でのイベントでは、インフルエンザで学生が数人休んでいましたので、検査してもらいました。

先生の所見もインフルではなさそう、というものだったんですが、検査したら陽性でした・・・。

所見だけではやはりわからないもんなんだな、と改めて認識しました。


ちなみにインフルエンザにかかってわかったことは、その治療薬の効果でした。

第一三共製薬の「イナビル」という吸入型のインフルエンザ薬をもらったのですが、一度に2本を、8回に分けて吸入するというもの。

吸入するのが微細粉末なので、吸入している実感がまったくありません!

心配で、1本5回の吸入を行ったほどです。


このあとに、38度を超えて体が痛む場合には、といただいた錠剤を2回飲んだら、翌日には6度台まで熱が下がっておりました。

その効果たるやおそるべし!です。

とはいえ、クリニックの先生が説明するには、熱が下がって48時間は外出しては行けない(ウツすから)とか、発症から5日間は安静にしていなければならない、などの注意事項がありました。

今日から本格復帰しましたが、インフルエンザがこんなに簡単に治るとは、最近の医学には本当に驚きました。

アレルシャット ウイルス イオンでブロック 160回分
by カエレバ

ハナクリーンS(ハンディタイプ鼻洗浄器)
by カエレバ

(日本製 PM2.5対応)超立体マスク スタンダード ふつうサイズ 30枚入(unicharm Chorittai Ultra 3D Shape Mask Regular size Without Nose-fit)
by カエレバ