NAOKO☆宇宙アサガオ

NAOKO☆宇宙アサガオ」が今年も咲きました。
昨年、大学の先生からたった一粒の種をいただき、これを育てて、種を取りました。


その種から育てたのが、「NAOKO☆宇宙アサガオ 2012」です。


ご存知のない方のほうが多いと思うので説明しておきますと、NAOKO☆宇宙アサガオ」というのは、宇宙飛行士の山崎直子さんが、2010年のミッションの際にディスカバリー号に持ち込んだ種の2世代目の種でした。 
地球を238周、15日2時間47分10秒の宇宙旅行をしたアサガオの子孫なのです。


昨年、いただいた種が第2世代目とすると、今咲いているのは第3世代、ということになるのかしら??

アサガオを育ててみて感じたことは、種の良し悪しが、その後の生育に大きく関係しているのだ、ということです。

昨年のNAOKO☆宇宙アサガオ」は、茎が弱々しく、枝ぶりも悪く、そして花も小ぶりでした。


今年は、ご覧のとおり、花こそあまり大きくはありませんが、葉が大きく育ち、茎も太く、何よりな枝も4本が出ており、立派な姿に育っています。


この調子だと、昨年を上回る数の種がとれそうです。