成長率に基づく中国企業上位100社発表 トップはネット販売大手の京東商城

中国では、省ごとにランキングがあったりします。
先日、調べた会社も、利益率で中国内で16位になったことがあるとか。
こちらは成長率です。
成長企業の発展動向を示す「バロメーター」と呼ばれ、「最も投資価値の高い企業」を見つけるための道しるべとみられている今年の「成長率に基づく中国企業上位100社」が11日、北京で発表された。世界経済が混乱するなか、中国は世界経済の回復を引っ張る中核に成長しており、民間企業の業績が注目を集めている。
 ネット販売大手の京東商城が957・58%の成長率でトップに立った。2位は若者に人気のあるチェーンレストランを経営する呷哺呷哺餐飲管理有限公司で、成長率は745・32%だった。教育方法を刷新し、標準化と個性化を融合させた清大世紀教育集団は、702・90%の成長率で3位にランクされた。
 4位から10位までは、東方時尚駕駛学校股分有限公司(成長率699・96%、以下同)、承徳五谷農庄食品有限公司(673・06%)、北京三得普華科技有限責任公司(661・64%)、北京鏈家不動産仲介有限公司(625・68%)、杭州愛彼西商務配送有限公司(603・95%)、中微半導体設備(上海)有限公司(599・18%)、美克美家家具連鎖有限公司(532・40%)となっている。