piaScore開発者 小島宏幸氏

11月17日に、プラスアド株式会社の代表取締役で、iPad向け楽譜アプリ「piaScore」開発者の小池宏幸氏にお会いしました。毎度おなじみの日経産業新聞「流行ウォッチング」の取材のためです。



小池さんは、ソニーでエンジニアをやっていた、という方です。そのかたわら、コンサートを開くほどのピアノ演奏家でもあります。だから、 「piascore」の開発ができたのだそうです。

エンジニアというと、コミュニケーション能力の低い人では?という印象を持ちがちですが、小池さんはとても社交的な方です。通常は1時間程度で終わる取材なのですが、おしゃべりしすぎで90分もお時間を頂戴してしまいました。しかも私のビジネスの話で!
小池さん、失礼しました。

いろいろとお話をして感じたのは、小池さんの意思、WILLです。
ビジネス展望などお持ちで、投資家筋からも注目されているにも関わらず、風呂敷を広げられるだけ広げてしまうということがありません。堅実な方なんだろうと感じました。

ちなみに、スティービーアワード国際ビジネス大賞で、今年「piascore」は奨励賞を受賞しました。「おかげで信用みたいなものがつきました」とおっしゃっていただけたのが、私にとって、とてもうれしいことでした。投資会社からもコンタクトがあったそうです。

これからも、小池さんのような方がスティービー賞にエントリしていただき、その結果、ビジネスにつながってほしいと思います。
ちなみに、モチベーションをアップすること、させること、がスティービーアワードの本当の目的であり、目標です。