ドラマ「謎解きはディナーのあとで」

櫻井翔と北川景子のドラマ「謎解きはディナーのあとで」ですが、小説がちっともおもしろくなかったのに反して、意外や意外の出来ですね。

毎回の出演者が豪華なこともありますが、小説でははしょられてしまった部分を、映像では緻密かつ演出でカバーしている点が、おもしろさにつながっているようです。

そういう視点で見ると、小説「謎解きはディナーのあとで」は、よくできた台本、と考えても良さそうです。

すでに第2巻も発売されているというので、第7話以降は、この第2巻からのストーリーになるのかもしれませんね。

ちなみに、小説では表現されていない執事・景山の人物設定が伏線となって、おもしろさにつながっていることも確かです。

したがって、ドラマ制作チームの勝利、なのだと思います。

だって、あれだけ「つまんない!」と小説をこき下ろした私ですが、ドラマは毎週録画してみていますから。


謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)

東川 篤哉 小学館 2012-10-05
売り上げランキング : 13583
by ヨメレバ