政府が円高介入することで生まれる損失

ご無沙汰しています。最近ナンパなテーマが多かったのですが、最近の円高で日本政府が介入するというニュースを耳にして、「またバカなことを・・・」と思っていたところ、専門家が詳しく説明してくれている記事を発見しました。

財務省の為替証拠金取引で日本国民は40兆円ヤラれた

長文なので、私が「ウンウン」と思った部分を引用しておきます。
過去の度重なる為替介入により、すでに100兆円ほどのドルのロング・ポジションが積み上がっており、それらは米国債などで運用されているのだが、それらの金利収入を差し引いても、すでに40兆円近い含み損を抱えているということである。
これは国民一人あたり約30万円で、すべての日本人が、FXトレードで30万円スッたと考えれば実感がわくだろう。
これらの日本国民の損失は、海外のヘッジファンドなどの貴重な収益になったはずだ。

こんなことをする政府(財務省)は、一方で中小企業の海外進出も後押ししています。こっちは経産省ですけど。
最適なのは市場に任せることであって、市場がシュリンクしている日本市場から海外に出ていくこと、であるのは明白です。だって、日本は資本主義の国なんですよ。

円高だからと介入するのも、国内の中小企業を守るため、ということなのかもしれませんが、そんなことをするから、本気で海外進出ができない中小企業ばかりになっていると思います。