アンリアレイジ 森永邦彦さん

ブランド名を入れたタグ
日経産業新聞の「流行ウォッチング」の取材で、先日、毎日ファッション大賞の新人賞を受賞されたデザイナーの森永邦彦さんにお会いしました。

早稲田大学在学中に先輩のファッションショーを見て、服作りを始めた、という方なんです。
ちなみにサークルは60年の歴史を誇る繊維研究会所属だったそうです。

森永さんのブランド「ANREALAGE(アンリアレイジ)」は、毎回コレクションのコンセプトをカチッと決めて作っているので、とてもユニークです。
今年オープンした直営店は、内装もコレクションのコンセプトに合わせて変えてしまうというこだわりぶり。

そして、ブランドタグやハンガーに使われているドライフラワー入りの樹脂も、なんとスタッフの皆さんの手作りなのだそうです。
そんな話を聞いたら、タグも捨てられません。

この秋冬のコレクションのテーマは「Low」。解像度を下げたときに見えるもの、をテーマにしていて、プリント柄がとても素敵です。
私はストッキングとスカートを購入しました。

森永さんとお話していると、数学者とか宗教家なんじゃないかしら?と感じました。
私から見た森永さんは、デザイナーというよりもコンセプチャル・アーティストでした。