こどもの日 ポケモン広告

5月5日に、こんな広告が挟み込まれていました。

新聞ウラオモテ2面の広告です。
子供に限らず、ポケモンを知っている人なら誰でも「すごい」とおもったのではないか、と思いました。

ポケモンのキャラが単純化されていることによって、左のページを見た瞬間に「ポケモンだぁ!」と驚きます。

そして多分、子供たちは、小さいけれど紹介されている様々なポケモンキャラクターをひとつずつ見て、探して楽しんだのだろうなと思います。

私はポケモン関係者ではないので、よくはわかりませんが、このようなポケモン広告は初めての試みではないかと思います。

私がこの広告を見て思ったのは、

1.ポケモンは相当儲かっている
2.日本の子供にアピールしたい
3.震災もあったので、子供たちに楽しいことを提供したい

という理由でした。
被災地以外でも配布されていたのであれば、1か2が主な理由だと思いますが、もしも東北地方限定だとすれば、3ですね。

いずれにせよ、保存しておきたい新聞広告でした。