香港発! 板前寿司

全面花花花
先月六本木に「板前寿司」がオープンしました。
銀座、赤坂にすでにありますが、六本木店のオープン時の様子を写真で紹介します。

一面の花ですが、これらはすべて取引先からのもの。
花色が統一されているところをみると、店側がデザインして、ひと枠いくらで買ってもらったようです。

築地の仲買人と思われるものから、銀行や税理士まで揃っています。なかには「ぐるなび」も。


とにかく派手です。

私も香港に出張したときに利用することが多い「板長寿司」は、この「板前寿司」より少しランクが下らしいです。

香港人なら誰でも知っている寿司チェーンなので、バイトに来てくれていた香港中文大学からの留学生と一緒にランチに行きました。
香港とはどういうところが違うのか、と聞かれましたので、香港だと白身のバリエーションが少ないことや、貝類も少ない、と説明しました。実際、サーモンとアナゴを交互に頼む人が少なくありません。

六本木店は、ごく普通のお寿司屋さんと同じです。24時間オープンしていることと、マグロがとてもおいしいという特徴があります。

ランチは特におすすめですよ。

すこしだけ残念なのは、職人さんの腕が均一ではないこと、でしょうか。特に巻物に腕の違いが出ますね。