SP

映画「SP」観てきました。
ドラマもすごく面白かったんですが、映画はこれまたすごいです。
スタートから最初の20分くらいだと思うのですが、とにかく井上が走るシーンで、観ているこっちも息切れしそうな感じになります。

ダイヤモンド☆ユカイ運転手が「誰も寝てはならぬ」に陶酔しつつ運転するトラック上のアクションは、見ていてちょっと怖かったですね。ドラマ上は落ちないだろうな、と思いつつも、落ちそうな瞬間が何度もあって、ちょっと心臓が縮みます。

とにかく走ってる、動いてる、というイメージが強いので、ラストシーンの井上がカメラをにらむところは、印象的です。

次の革命編が楽しみな内容となって終わるのですが、私の興味としては、井上の脳内がどうなっているか、というところですね。
異常な状態にまで活性化しているわけで、これは今シーズン放映しているドラマ「SPEC」ともつながってくるよねー、なんて思っています。