Supadance(スーパダンス)

最近ダンスネタが多いですが、それはダンスが面白くなってきたから。そもそも面白かったのですが、いろいろと自分の体が理解できてきたからなんです。

先日ダンスシューズを新調したところ、右足でのターンの安定感がぐっと増しました。
理由は簡単です。
この1年で足が鍛えられ、右足の重心が変化したためです。ダンスを始める前は右足の重心が外側にあったみたいで、昨年履いていた靴はことごとく右足のヒールが内側に入り込んでいます。靴のバランスが崩れているわけです。

同じようにダンスシューズもかつての重心で癖がついていたので、新調したことにより、現在の重心でターンができるようになった、ということでしょう。

しかし、新調したシューズがなんとなく違和感があります。ダンスシューズは手作りのものが多いらしいので、職人さんの違いなのかもしれませんが、以前の靴より小さいような気がします。もちろん気がするだけかもしれませんが・・・。

で、ネットでダンスシューズのことを調べてみました。
そこで出会ったのが「Supadance」というブランドです。英国が誇る老舗のシューズ専門店です。
日本国内でも購入できますが、直接Webサイトで購入も可能です。

何事も経験なので、早速シューズを購入しました。
これはシルクサテンの赤
色は赤、と決めているので、選択肢はほとんどありません。
右側のシューズを購入しました。ラテン用のようです。
幅はレギュラーのみ、ヒールの高さは約8センチです。
購入したのはスェードのタイプですが、色がきれいなので写真はシルクサテンにしました。
価格は69ポンド、シッピングフィーが15ポンド、消費税10.28ポンドが差し引かれて、計73.72ポンドでした。日本円でおよそ9800円です。安い。

まだ手元には届いていませんが、どんなシューズなのか、とても楽しみです。
とはいえ、つい数日前までSupadanceの存在すら知らなかったので、ダンスが楽しいとはいえ、相変わらず単なる運動としかとらえていないことに変わりはないのでした。

ちなみに右足の強化のために、今度は加圧トレーニングを始めてみようかと思っております。