VELO 維絡城

北京市内の地下鉄構内
本日付の日経産業新聞「流行ウォッチング」には、上海や北京で人気の割引クーポン発券サービス「VELO 維絡城」について書きました。
このサービスは、地下鉄やショッピングセンターなどにあるので、ご覧になったことのある方も多いことだと思います。詳細については本紙をお読みいただくとして、今回は、VELOにまつわる話題を書いておこうと思います。

VELOは、10代から30代くらいまでの若者世代に人気があるのですが、日本人でVELOをご存知の方にはほとんどお目にかかったことがありません。中国ビジネスが長い方でもご存じない場合があるのです。

というのも、中国では、地下鉄や公共の乗り物は、スリや泥棒が乗っている危険なもの、というイメージがあるためです。そのため、エリートの方や富裕層のかたはタクシーを常用しています。「地下鉄に乗った」なんてことを話すと、「大丈夫?あれは危険だからタクシーに乗ったほうがいい」とアドバイスしてくれます。
ショッピングセンター内のVELO
以前、北京で地下鉄車内で不動産の営業マンとばったり出会った時など、彼のほうが驚いて声をかけてきたくらいです。

おまけに中国はタクシーがめちゃ安です。
100円も乗ると結構な距離を走っていたりするので、日本人が地下鉄に詳しくないのもわからないではありません。
しかし、そこはそれ、渋滞が多い市内をタクシーで移動するのは効率が悪いので地下鉄を利用するわけです。そんな経緯があってVELOについて、知っている人が少ないということなんだと思います。

中国では広告費が結構高いので、VELOのようなサービスを利用することは、今後の効率の良いセールスプロモーションには欠かせなくなるのではないでしょうか。

ちなみにここに掲載した写真を撮るのは、ちょっと苦労しました。
なぜか写真に撮らせてくれないんですよね。
ICチップ搭載のVELOカードを販売している係員がハエを追い払うようにするんですよ。