脱エコ宣言

今年の夏は、まさにオーブンの中にいるみたいなジリジリと本当に焼けそうな暑さです。
夜も寝苦しい日が続きますが、おそらく真面目な皆様は、エアコンを夜中に切れる設定してお休みなのではないでしょうか。

実は私は、昨年から脱エコ宣言しています。
エコエコといって、暑苦しい夜中に目を覚まし、日中ぼーっとするくらいなら、夜はすっきりと寝る。そのために必要であればエアコンはつけっぱなしにする。それも25度くらいまで下げる。といったことを実行しています。25度でお布団にくるまって寝るのが、今では一番健康的なんではないか、とさえ思うくらいです。

ちなみに、日本のCO2排出削減の議論に全く出てこないのが、なぜ急速に排出量が増加したか、です。
実はこれ、単身者世帯の急増と重なっていることをご存知ですか。

単身者世帯には、一般家庭でも普通は1台しかない冷蔵庫をはじめとする、大家族だったら一人1台持たないような家電製品が完備されています。
つまり、単身者世帯のCO2排出量は、一般家庭よりも多い、ということです。

CO2排出量を減らすためには、大家族化を進めて、効率的な家電製品の利用を図る必要があるわけですが、単身者世帯には単身であることの理由や気楽さもあり、そのライフスタイルを選択する自由を奪うこともできません。

つまり、単身で生活しているだけでエコではないので、私は脱エコ宣言しました。
エコライフで年間数万円程度の削減するくらいなら、だれかと一緒に生活して、家電製品の効率運用を考えたほうが、数倍エコライフになるわけで。
とはいっても単身であることの楽しさもまた捨てがたい。
なので、気休めのエコはきれいさっぱり捨て去ったのです。

それに、日本ではさっぱり話題になりませんが、温暖化そのものの予測や根拠にも「?」がついているので、真面目にCO2排出削減してるほうがバカバカしいとも感じています。

ただし、温暖化とよくいっしょくたにされるヒート・アイランド現象については、これは都市計画などで対処していく必要があると思います。