ブライダルとダイヤがセットになっている中国・香港市場

香港はもちろんですが、中国の都市部では、ブライダルとセットでダイヤモンドの指輪を購入することが新しい習慣となってきています。
かつて日本でもキャンペーンが張られ、今や当たり前のように思われていますが、ダイヤを買う、というのは日本でもせいぜいが50年くらいの歴史なのです。

ちなみに、ダイヤ販促のためのカンファレンスで目立つより、街中で委細放つバスが多数はしっているのが、その中心とも言える宝飾店チェーンがあり、いたるところに広告が掲載されています。香港ではバスというバスに広告が見られるほどですし、100メートルも歩くとそのチェーン店がある、といった具合です。

元来香港人は翡翠や金など、縁起のよい宝飾品が好きですし、動産として所有することに貪欲であります。
が、このチェーン店に並ぶのは、ダイヤモンドを使ったアクセサリーの数々なのです。しかも指輪やネックレスなど、世界の最高峰ジュエラーなみのデザインと価格です。

その直前にセントラルで、こちらは老舗中の老舗といった佇まいの、香港人に顧客を多く持っているこじんまりとした宝飾店も見学。その質の高さとリーズナブルな価格設定に感心していました。そしてその後、チェーン店のプライスを見てびっくりです。たいしていいとも思えない翡翠の指輪が、セントラルの老舗店の3倍以上の価格になっているではありませんか!
表示価格より安く買えるのが常の香港ですから、実際には4倍から5倍の価格設定と推測されます。

異常な高値で買う人がどこにいるのかわかりかねるのですが、店舗がとにかくたくさんあるわけですから、広告と店舗の維持費を捻出する仕掛けが、高価に安物を売りつけることにあるものと思われます。

日本でもバブルのころに、たいして良くない宝石が高値で売られていましたが、まさにその現象が再現されているようでした。
香港で宝飾品を購入するときには、ラッピングバスに広告を出しているチェーン店ではないお店も、必ず見たほうが良いと思いました。