携帯電話のグローバル設定

最近海外が多いので、携帯電話の機能、グローバル設定のお世話になっています。
auのソーラー携帯はマイアミではグローバル設定が有効ではなかったので、iPhoneが大活躍でした。iPhoneのすごいところは、勝手に現地のキャリアになってしまうことです。マイアミではAT&Tとキャリアが表示され、設定変更の手間すら必要がないことに驚きました。

北京では、auも無事グローバル設定が有効になってくれ、しかも時計まで現地時間に!
もちろん昨夜香港に到着後に設定すると、やはり現地時間に自動的に変わっていました。

しかしこれって、時差を計算するということを忘れさせてしまう、日本人をモノを考えないバカにする代物では、と考えてしまいました。

日本のサービスは、かゆいところに手が届くようなものが多いですが、その反面、過剰なサービスのため、考えさせないものが増えています。特にデバイス関連はそちら方面に進化していっているようです。

一方のiPhoneですが、こちらは調子にのって使ったため、マイアミの請求が5万円も来てしまいました。この調子では北京も恐ろしい金額が請求されそうです。
なにしろGoogle Earthはじめ、結構使ってましたから。

地理的にはかなり熟知している香港ですが、iPhoneの便利さを知ってしまうとやはり何かと使ってしまうので、覚悟しなくちゃ、と思っていた矢先、以前レンタル携帯電話を利用したことがあるところから、「グローバルデータ」サービスにiPhone対応が4月5日に登場した、とのメールニュースが届きました。
そしてただいま早速利用しています。

右の写真がWiFi対応の携帯デバイスです。
複数台が利用できます。そして1日1580円と、ホテルのWiFiとほぼ同じような料金設定です。
問題は4時間くらいしか使えないことでしょうか。こまめに充電するように、と注意書きにありました。

日本の携帯キャリアには、モノを考えなくていい過剰サービスよりも、海外でのローミング料金など、利用者の足元をもっと支えてくれるようなことを考えて欲しいと思います。