パソナの植物と共生するオフィス

3月16日に株式会社パソナ様の「人材創造大学校」の開校式に行ってきました。流行ウォッチングで「アグリMBA」をご紹介させていただいたことから、いろいろと情報を送っていただけます。
今回の取り組みも、Webでご紹介があったので気にはなっていたのですが、開校式に出席させていただいて、一層すばらしい取り組みであると思いました。
こちらも、改めて取材させていただけることになっていますので、別途ご紹介させていただけると思います。

ところで、開校式があった呉服橋近くの大手町ビルは、古いのですが今回リノベーションを行い、植物と共生するオフィスに造り替えられました。

左はレタスです。これは特別なフロアにあるわけではありません。会議室に向かう途中にあるのです。ちなみに立ち話もこの前でしちゃいました。

右下はヒマワリとレモンです。
今は苗ですが、いずれ育ってヒマワリが一面に咲くところを創造してしまいます。

他に、本格的な水田で稲を育てる準備が進んでいましたし、打ち合わせスペースにはきゅうりやパプリカが、今まさに収穫を待っている状態にありました。

毎日の水やりも社員の皆さんで当番で担当しているとうかがいました。
きっと水遣りがストレス解消にもなり、癒しにもなるんでしょうね。私もバラを育てているので、気持ちがわかります。

これらの野菜は、パソナの従業員の皆さまが日々食料として消化しておられるのだそうです。
残念ながら、このオフィスに立ち入ることができるのは、パソナの従業員の方と取引先の方などの関係者に限られています。

ですが、一見の価値あり、のすばらしいオフィスでした。
他にも(写りが悪いですけど)写真がありますので、下のリンクからご覧ください。