夏の宮島、錦帯橋


今月はとても忙しく、ブログの更新が遅れがち、かつ頻度が少なくなってしまいました。

忙しさの理由のひとつとして、日本企業がスティービーアワード、国際ビジネス大賞において複数受賞したためです。速報を出したり、授賞式参加の手配を進めたりと、初めてのことなのでいろいろと準備に時間がかかってしまいました。
【速報】第6回(2009年度)国際ビジネス大賞に日本企業が複数受賞!

さらに中旬には香川県高松市で講演があり、国際ビジネス大賞の受賞者発表とほぼ重なるタイミングで出かけたためにこちらの準備もドタバタで、とてもブログの更新をする余裕がありませんでした。

その高松市出張にあわせて、広島市にこの春から転勤した年若い友人を頼りに大人が集合して、遠足に出かけました。広島といえば安芸の宮島(世界遺産)、そして世界遺産候補の山口県岩国市の錦帯橋です。
どちらも川や水場があるので「ビーサン仕様で水遊びしよう!」と言って誘ったのですが、本当にビーサンだったのは私ひとりでした。でもビーサンで大正解でした。

錦帯橋は錦川の上にかかる橋なのですが、夏場はこの川で泳ぐ人も多いのです。暑ければ当然、川に入っちゃおう、ということになります。で撮影したのがこの写真です。
梅雨空だったのに、錦帯橋についたころには晴れ渡り、すっかり夏空です。


この後、いよいよ宮島へ。
宮島は今度で6回目でしたが、すっかり潮が引いて大鳥居に触ることができたのは今回が初めてでした。感激です!ビーサン仕様がここでも功を奏しました。まさか真横から大鳥居の写真が撮れるとは思っても見ませんでした。
朱色の巨大鳥居が青空に映えて本当に美しいです。これだけでありがたい気持ちになります

この後はお楽しみの広島美味探求です。
レトロな空間で食べるお好み焼きはとてもおいしかったです。
何より大人の遠足がこんなに楽しいとは思っても見ませんでした。
「あつまれー」と声をかけると集まれる自由な大人たちって良いなぁ、とつくづく思いました。
次回は高松中心に遠足に出かける予定です。