苦情受付に「感謝週間」

昨日「苦情受付に「感謝週間」」という記事を見つけました。カスタマーサービスなどについて情報を集めていたのですが、こういう習慣があるのか、と妙に納得しました。

米国や英国では、10月第2週をカスタマー・サービス・ウイーク(CS週間)としており、多くの企業がハロウィーンのようなことを実施するようです。実際のハロウィーンはこのすぐ後にありますが。

日頃からクレーム処理に忙しいオペレーター向けに、1年に1回、1週間、企業の公式行事として食事会や仮装パーティーといった“お祭り”を開催し、当然のことながらオペレーターの表彰なども含まれます。
米英の企業ではその場に経営者も参加し、感謝の意を示すことが多いということですから、スティービーアワードのセールス&カスタマーサービス大賞のエントリー期間がこのCS週間あたりまで継続しているのも、このイベントがあるためなんですね。

ちなみにCS週間に関するビデオがYouTubeにありました。米国のHDIが投稿したものです。