成長企業は対応も丁寧である

昨年大学でご講義していただいた幸楽苑の新井田社長に、スティービーアワードと国際ビジネス大賞のご案内を郵送で送ったところ、電話連絡をいただきました。もちろん社長ご本人様からではありませんが、昨年の夏にお知らせした私の携帯電話にです。名刺交換をしたので、もしご連絡いただけるとすればそちらだと思うのですが、わざわざ古いメールを探してお電話を下さったかと思うと、本当に頭が下がります。

お返事は、本業に忙しいので今回は遠慮したい、ということなのですが、こちらも勝手に送っているので無視すれば済むことです。私もその覚悟で送りました。
しかし持続した成長を続ける企業の方は、こういうときにも対応が丁寧なんですね。
ほんの少しの心遣いですが、教訓めいて感じるのは、こういう配慮のできる方が少なくなってきているためでしょうか。