本木雅弘という男性


実は私はシブガキ隊を解散するあたりからモックンのファンです。当時雑誌「an・an」にモデルとして登場するなど、現在のアイドルが雑誌モデルをやってしまうはしりだったと思います。
写真は、当時の友人が使わないものを、と私にくれたものです。若いですね、いかにもアイドルという感じです。
「おくりびと」がアカデミー賞を受賞したということで昨日からニュース番組などでたくさん取り上げられています。なんだか妙な感じです。うれしいけど、そんなにうれしくないというか。
以前、大河ドラマで徳川慶喜を演じましたが、あのときは脚本がよくなかったのか、最後まで見る気になりませんでした。モックンのやりたいことと一致していたのかどうか・・・?

人生のポイント、ポイントで大作・良作にめぐり合うモックンの戦略や、ストイックなところは若い頃と一緒ですが、年齢を重ねてさらに深みが増したと思います。今回の受賞は大きなアピールにもなるでしょうし、なにより英語ができるということで、次は米国作品でアカデミー賞をとるかもしれませんね。20年くらいかかるかもしれませんけど。