学生たちとのコミュニケーションツール

学生たちとのコミュニケーションを円滑にするために私はインターネットを利用しています。講義の内容や諸注意配布物については、アクセス制限のあるWebサイトを学生に公開します。学生数分プリントアウトしても出席しているかどうかわからないので無駄が多いので、少なくとも配布物をダウンロードさせるというやり方は有効のようです。

最近時間のあるときに無料のツールを探しています。
サービス産業論のようなほとんどゼミと同じ、というような場合には、グループウェアのようなツールか、またはメーリングリスト機能に特化したツールなどが適当です。
昨年はGoogle Groupsを利用しました。
これはメーリングリスト機能のほか、ファイル共有、掲示板以外の情報蓄積ページ等を持つことができるため、結構便利に使えました。特に一斉同報ができて、その内容が掲示板に残るメーリングリスト機能は役にたちました。

今年はもう一歩すすんで、グループウェアを使ってみようかと考えていて、ZOHO Businessを使ってみています。学生にはちょっと面倒かな、と思いつつも、スケジュール管理も重要なポイントなので、そういう機能がついているほうがいいかな、などと考えています。

他に、学生たちのグループワークの情報蓄積にWikiもいいですね。
Google SitesはWikiなので、各自が調べたことを残していくようなツールとして利用ができそうです。
Googleの良いところは、”非公開”設定がデフォルトで可能なことです。グループワークなのに公開になってしまうと、ちょっと違う気分がしますから。