自作のデコ電

年末にこのブログにも書きましたがデコ電です。お休みの間は結構暇なので、デコってみました(左)。機種は少し古いので、直接貼り付けてみました。結構大丈夫そうです。
この機種は防水ケータイで、お風呂に入っている女性のCMで話題になったものです。が、その後防水機能に問題があることが発覚し、auから何度も修理に出すようにというお知らせが届いたといういわくつきです。
しかしその修理と言うのが、PCでいうならハードディスクを丸ごと入れ替えると言うもので、アプリなど利用しているものなど設定類がすべてパーになるというのです。毎日使っているSUICAをまたアプリDLから始めろというのか!と怒って修理をしておりません。
その後もお風呂でワンセグを見たりしてますが、全く問題ありませんね。しかし、auはこのトラブルのあと、防水ケータイの機種が激減です。どうにか今年は防水ケータイを出してほしいです。

話が横にそれましたが、それついでに。
今年はGoogleのアンドロイドケータイが登場(予定)します。iPhoneのようにワンセグ機能がなかったら買わない、と決めていたのですが、昨日のニュースではiPhoneでもワンセグが使えるようになりそうです。となれば、同じようなアンドロイドもワンセグが使えるはずですよね。いまやワンセグがないケータイなんてケータイではありません。昨日のニュースのおかげでますますアンドロイドを買いたくなってます。auの皆様、よろしくお願いいたします。

さて、デコ電です。
本日の日経産業新聞、流行ウォッチング欄でもデコ電について書いております。ほぼこのブログに書いたような内容です。中で引用した大学生の話は、実際に学生にメールで確認した内容なので本当ですが、写真は間に合わず私の自作デコ電になってしまいました。
このデコ電の作成時間は約1時間程度です。その前に、何度かデザインを確認するために実際にスワロをおいてみて確認しているので、それを入れると3時間くらいでしょうか。
費用は4000円はかかっておりません。バラモチーフの大が80円と一番高いですが、スワロは一粒4円くらいですね。
やってみると結構楽しいので、興味のある方にはオススメです。案外男性のほうがデザインセンスも良いかもしれませんね。


※その後、日経のご担当者から連絡がありました。なんと「デコ電」は株式会社ジョリマリエの登録商標だそうです。一般名詞だと思ってました・・・。