はじめての決算

社長ブログというものを始めたくて2月に会社を設立したのですが、いよいよ決算の時期になりました。
会社を設立するといろいろなところからDMが届きますが、税理士さん関係は熱心です。設立当初の半年間は税理士さんと経理周りのDMがとにかくやってきていました。
税理士さんとはすでにおつきあいがあるので、そういうDMはすべて捨て去っていたのですが、唯一取っておいたものがあります。それが、決算をむかえる法人向けに送られてきたものです。当社の決算までお調べになってのDMです。しかも決算は初めてなので、どういうことを教えてくれるのかが気になりました。で、先日その説明会があったので参加してきました。

会場は結構大きなホールで、ざっと100人は入れる広さです。そこに、経理担当と思われる皆様、または私同様の経営者と思しき方もおられます。満席状態で会は始まりました。

最初に税制の変更点について税務署の職員が説明します。3人も次々登壇するところを見ると、税務署は暇のようです。読めばわかる資料がたくさんあり、これをたんたんと説明してくれるので、とても眠くなりました。消費税の納税対象期間について何度も解説していましたので、きっと間違いが多いのですね。

休憩をはさんで後半は、税理士さんによる決算時の注意事項です。
これは面白かったです。大学の学生になった気分でした。実践的でわかりやすいので、大変楽しく感じました。

そして結論。
今までは税理士任せだった確定申告ですが、今年は自分でやってみようと思いました。かかる手間は同じなので、税務署に提出するところまで自力で。もちろん決算もです。

それから、こういう説明会に参加すると申告書に張るシールをくれます。
これを張ってると少しは税務署のチェックが甘くなるのでしょうか???