レッド・クリフ

映画「レッド・クリフ」を観てきました。
前後編の前編、決戦前夜で前編は終了します。

「三国志」というと、私自身は古文の教科書レベルでの知識しかなく、加えてNHKの人形劇の三国志をちょっとだけ見た記憶がある程度です。映画にとりあげられている「赤壁の戦い」は、まさしく古文の教科書に登場していた場面です。曹操が赤壁に字を刻みたい、という台詞があるのですが、なんとなく覚えてるぞ、と思い返しました。
ちなみに古文の教科書の「赤壁の戦い」の次にあったのが、玄宗と楊貴妃の「長恨歌」で、ストーリーが頭の中でくっついていて、映画を見て違う事を再認識しました。

映画のほうは、ジョン・ウー監督が中国に映画製作のノウハウを移植したい、という気持ちが現れているようでした。全編中国語(英語だとばかり思っていました)、製作スタッフもほぼ中国人、指導者としてハリウッド人脈が入っているようです。

「レッド・クリフ」を観て、これからは中国語映画を観る時代なのだとつくづく感じました。
それから、諸葛亮を演じた金城武はぴったりという感じでした。イケメンだったと記述される諸葛亮の聡明さや、自らの戦略に人々を引き寄せることができたときの満足げな表情といい、なかなかのものです。ジョン・ウー監督も好きですが、香港時代から知っている金城武も良い役者に育ったと思います。