のぼうの城


のぼうの城」 を読了。
私にとって、豊臣秀吉とか石田三成が食傷気味だったので、導入部はちょっとつらかったですが、小さな城で応戦するに至るまでの様子と、戦い方のシーンは、非常にテンポがあり、楽しめました。

著者は脚本家のようで、心理劇でも戦場シーンでも、臨場感のある生き生きとした様子が思い浮かびます。
また行田あたりの当時の様子が思い浮かび、史実としても記憶に残るものです。

とはいえ、今年最も売れている小説、と言われても「はて、いったいどの辺が??」というのが正直な印象です。
映像化すれば面白いとは思いますが、映像化するために話題を作って小説を売ってるのかも・・・、などと邪推してしまいます。
「王様のブランチ」で大々的に紹介していたのが最初だと思うので、TBSあたりでドラマ化されるのかもしれません。

いずれにせよ、映像化されたら絶対に観る作品ではありました。