今日から夏季セッション

少し間が開いてしまいました。
まずはお礼から。アンケートにご協力いただきました皆様、調査に耐えうる程度にサンプル数が確保できました。ありがとうございます。プレゼントの抽選と発送は来週に予定しておりますので、今しばらくお待ちください。

さて、本日から夏季セッションという、学生お助け集中講義を行います。
30代以上の人に夏季セッションの話をすると、それって何ですか?とよく聞かれます。

最近の大学ではセメスター制を導入しているところが多いのですが、常磐大学も同じくセメスター制です。春と秋の各セメスターで、2単位が習得できる講義を選択していくわけですが、夏季セッションとはその中間に位置している選択制の講義です。ただし3日間程度で2単位が取得できるので、昨今のアルバイト学生や、単位の危ない4年生などが集まる傾向が見られます。

私が夏季セッションで担当しているのは流通論です。
流通といっても、特にサプライチェーンマネジメント(SCM)を中心に学生に解説しています。学生にとって、企業努力の賜物であるSCMは、目に見えないところで粛々と行われているだけにわかりづらいという難点があります。

そこで流通論では、企業の皆様にゲストスピーカーとしてご出講をお願いしています。より具体的なお話を通じて、雰囲気だけでも理解してもらおうという意図です。今年は、全国一律290円でラーメンを提供している幸楽苑の新井田社長にご足労いただくこととなりました。昨年からの2年越しのお願いで実を結んだものです。

また最終日には、毎年、メリーチョコレートカムパニー様の船橋工場の物流センターを拝見させていただいています。こちらの物流センターはもちろんのことですが、メリーチョコレートカムパニー様は、ITへの投資とその実績で定評のある企業です。日本のバレンタインデーの生みの親でもある原会長の取り組みは日経ITProにも連載されたほどです。

そろそろ学生が集まってくる頃です。続きはまた明日以降で。