真夏のレシピ5 冬瓜と豚肉のあっさりスープ

冬瓜は冬まで保存できるから冬瓜というのだそうですが、旬は夏です。
これも我が母が10年ほど前から栽培しており、毎年たくさん取れますが、大きすぎて料理しにくいため不人気な食材です。
しかしこれも、輪切り唐辛子を使ったスープ仕立ての軽い煮込みにすると、子供達に人気の料理となります。後からだんだん辛くなってくるところが後をひきますし、それこそ冬に作れば体が温まる一品になります。冬瓜がないときは水分たっぷりの冬大根でもOKです。

冬瓜と豚肉のあっさりスープ

<材料>
・冬瓜
・豚ひれ肉のブロック
・輪切り唐辛子
・水
・砂糖
・塩
・醤油
・酒
・かつおだし(好みで)

<作り方>
1.冬瓜は皮を厚めにむき、適当な大きさに切り分けます。ふたくちで食べられる程度の大きさがベストです。

2.豚ひれ肉のブロックは、7ミリ程度の厚さに切り分けます。

3.鍋に1、2の材料と輪切り唐辛子を加え、水から煮ます。スープ仕立てなので、水は多めに入れましょう。

4.沸騰してきたら中火より小さい火にし、出てきたアクをとります。ゆっくりコトコト煮ると、煮崩れしませんし、スープがにごりません。この時点でお好みでかつおだしを少々加えると、よりコクが深まります。

5.冬瓜がやわらかくなったら、砂糖を加えます。甘くすることが目的ではなく、冬瓜の甘みを引き出すのが目的なので、水1リットルに対して大さじ1くらいにしてください。

6.砂糖がよくとけたら酒を加え、アルコール分が十分に飛んだ後で塩、醤油で味をととのえます。薄いかな、というくらいにしましょう。

7.味がよく染み込むようにいったん火を止めて冷まします。食べるときに再加熱してください。ただし沸騰は避けてください。


ポイントは輪切り唐辛子を水から煮立てて、辛さを全体にいきわたらせることです。
豚肉はひれでもももでも良いですが、ブロック肉を厚めにスライスして使うほうが上品なスープになります。