真夏のレシピ4 ゴーヤの肉詰め

ゴーヤが流行ったとき、いち早く栽培を始めた母ですが、料理すると苦味のために不人気で長い間、有効活用されませんでした。
そこで、数年前に友人にゴーヤのおいしい食べ方を教えてもらったのが、この肉詰めです。ピーマンでおなじみですね。肉詰めにすると、苦味がかなり抑えられ、中学生くらいなら問題なく口にしてくれます。

ゴーヤの肉詰め

<材料>
・ゴーヤ(色々な種類がありますが、小ぶりなものが良い)
・豚肉のひき肉 または 合挽き肉
・タマネギ
・パン粉
・オリーブオイル
・小麦粉
<調味料>
・塩
・醤油
・酒
・ナツメグ(必須、お肉のおいしさが引き立ちます)
・胡椒

<作り方>
1.ゴーヤは縦に二つに切りわけ、種をスプーンで取り除きます。

2.ゴーヤに塩をふりかけ、軽くもんでしばらくおきます。しんなりしてきたら水洗いをして、水気をとります。

3.ひき肉にタマネギのみじん切りを加えます。ひき肉2に対してタマネギ1くらいになるのが理想的なバランスです。

4.ひき肉とタマネギ、調味料を加え、よく混ぜます。このとき硬いと、焼き上がり時にゴーヤから肉がはがれてしまうので、指先からポタッと落ちるくらいゆるくします。お酒で調整すると良いでしょう。

5.ゴーヤの内側に小麦粉をふり、そこに4で混ぜ合わせたものをスプーンでつめていきます。隅々まできちんと詰めないと、やはりはがれ落ちる原因になります。

6.オーブン用の天板に5のゴーヤを並べ、焦げ目をつけるためのパン粉をまんべんなくふりかけます。さらに全体に軽くオリーブオイルをふりかけます。

7.オーブンは200度~250度くらいに熱しておき、15分~20分ほど焼きます。ゴーヤの大きさによって時間は調整してください。よく焼いたほうがゴーヤの苦味は薄れます。


私は一緒にピーマンの肉詰めも作ります。ピーマンはいったんオーブンをとめ、早めに取り出します。
ピーマンの肉詰めもオーブンで作るとやわらかくなり、小さな子供でも食べられます。夏場のピーマンは皮が硬いですからね。

ゴーヤの肉詰めはそのまま召し上がっても良いですが、ソースやケチャップで目先を変えるのもおすすめです。