短大は完成度が高かった

昨日は短大のマーケティング論の発表がありました。
全部で5グループ、経営する飲食店についてTPCと損益計算表の内容を説明してもらうというものです。

心配は杞憂でした。あまりの完成度にちょっと驚きました。
損益計算の部分は、4大生のほうが少し上かな、と感じましたが、説明資料のパワポには、必要事項がすべて含まれており、しかもとってもかわいい!
アニメーションの使い方も巧みで、説得力にあふれる内容でした。
女性が多い上に、勉強に取り組む姿勢が真剣だからこその出来上がりでしょう。

発表の最後に、上記のような感想を述べたところ、心底ホッとした表情を浮かべました。短大生は真剣です。そしていかにも純情なところが残っているのだと感じました。